航空機用塗料、建築用塗料、防音材の日本特殊塗料株式会社 <ニットク> -塗料事業本部-

塗料事業本部
ニットク

ニットク・アメニティシステム連合会

TOP > ニットク・アメニティシステム連合会

ニットク・アメニティシステム連合会(NAS会)とは?

nas会
当社と施工代理店・販売代理店が協力して、全国各地に「ニットク・アメニティシステム会」(NAS会)を組織しています。現在、会員数は全国で約450 社。

施工会員は当社が施工指導を行ない、安心して任せられる施工認定を受けた専門の工事店です。高い技術で責任を持って施工します。

「ニットク・アメニ ティシステム会」は、材料・工法なども含め、これらの業務をトータル的に管理・推進し、優れた施工をお届けします。
特に一般塗料に比べ高度な施工技術が必 要とされる光触媒塗料「エヌティオ」、窓ガラス用赤外線紫外線吸収塗料「NTサーモバランス」、アクリルゴム系壁面防水化粧材「ハイプルーフ」などは、 「ニットク・アメニティシステム会」の責任施工会専用塗料として扱われています。

節電・省エネ「遮熱塗料」ご紹介サイト(スマホ用)

QRコードから

NAS会アプリ

リンクから

会員名簿(PDF)

NAS会専用塗料

NAS会の施工事例

よくある質問

屋根の色が汚く、ムラになって見えます。この際、色を変えて気分を一新したいのですが?
屋根瓦にはたくさんの種類があります。塗り替えをするには、まず塗装できる瓦かどうかのチェックが必要です。中には塗装に適しない瓦があるからです。見分けがつかない場合は、当会員にご相談ください。瓦の素材の確認ができたら、塗りたい色や艶などを決めてください。 屋根用塗料には瓦の種類や傷み具合に応じていろいろな工法を用意しています。
コンクリートやモルタルの亀裂幅が動くのをご存知ですか?
コンクリートやモルタルの亀裂は季節変動により、夏は小さく、冬は大きく開きます。また、昼と夜も同様に、昼は小さく、夜は大きく開きます。このように、亀裂変動が何年もくり返されることによって、漏水や劣化につながっていきます。外壁に亀裂を発見したら、早めに外壁防水材で塗り替えましょう。
 
屋上のコンクリートがひび割れて、防水をやり直したいのですが?
建物の構造やもとの防水仕様を確認します。防水工法は建物の種類、用途に応じて施工方法が異なりますので、専門家に見てもらうことをお薦めします。漏水があれば、処置判断の目安になりますので、前もってご相談ください。
何回も塗り替えしてるのですが、またすぐに「かび」が発生してきます。
どうすれば、長期に防ぐことができますか?
かびは温度、湿度、栄養源などの条件によって、繁殖の仕方が違ってきます。浴室は、湯アカや石鹸カスなどが栄養源になります。塗料も栄養源のひとつになることもあり、防かび塗料の前処理には専用処理剤を使用することで長期の防かび効果 を持続することができます。